洗顔石鹸人気ランキング【2017年】洗顔石鹸マニアがおすすめするNO.1

MENU

洗顔石鹸人気ランキング【2017年】

スキンケアにおいて、洗顔は健康的で若々しい肌を保つためにとても大切です。そこで、人気の洗顔石鹸ランキングをご紹介します。

 

1位 VCOマイルドソープ

 

VCOマイルドソープのVOCとはヴァージンココナッツオイルで、この石鹸を使用することで赤ちゃんの肌のように、プルプルで透明感のある素肌へと導いてくれます。肌トラブルが起こる原因は肌体力の低下にあり、年齢を重ねるたびに肌のターンオーバー(成長サイクル)が低下していきます。そのため、赤ちゃんのような肌を保つことが難しいのです。

 

ターンオーバーが低下すると、肌内部の潤いを保ち外部の刺激から守っている肌バリア機能も破壊されてしまいます。肌バリアが壊れてしまうと肌の水分が蒸発してしまい、同時に外的刺激が内部に侵入しやすくなります。これが肌荒れや乾燥、しわ、たるみの原因となるのです。

 

メーカーでは、スキンケアで最も大切なことは「肌を健康的に洗うこと」であると考え、肌が本来持っている美しい肌を生み出す力を引き出しながら、肌にやさしい素材である石鹸を開発しました。

 

肌に優しいVOCマイルドソープ

VOC マイルドソープは、母乳と同じ天然成分で作られた石鹸なので、肌にとても優しく人気が高い商品です。その人気の秘密は5つあります。

 

その1:無添加・無香料で肌にやさしい

毎日素肌に使うものであるため刺激のないやさしい石鹸にこだわり、石油系界面活性剤・防腐剤・香料・着色料などは一切使用しいない無添加・無香料としました。この石鹸に含まれる成分は、植物由来の石鹸素地・ヒアルロン酸Na・ヤシ油・ステアリン酸・水酸化K・水の全6素材のみです。シンプル素材ですが、余計な汚れはしっかりと落としいながらも肌に必要な皮脂は残すことができます。

 

その2:枠練り製法で美容成分を豊富に配合

VOCの成分を効果的に生かすため、石鹸の製造方法にもこだわりました。この石鹸では、昔ながらの枠練り製法を採用しています。枠練り製法は、型に石鹸素材を流し込み長時間かけて冷やして固める方法で、多くの職人の手作業が加わる手間暇のかかる製法です。しかし、この製法で作ることにより美容成分を40%も配合させることができました。

 

その3:ヴァージンココナッツオイルを高配合

ココナッツオイルの中には添加物が含まれているものがありますが、VOCは添加物を一切使用せず、100%のまま常温でじっくりと自然分離させた高級なオイルです。そのオイルにはビタミンやミネラル、さらに母乳と同じ成分のラウリン酸が約50%と豊富に含まれていることから、美容効果が高いとして注目されています。この石鹸には、インドネシア産の高級VOCを配合しています。

 

その4:皮脂と同じ成分で作られている

VOCに含まれるラウリン酸は皮脂と似た成分です。そのため、洗顔することで毛穴の奥まで入り込んで汚れを落とすことができ、更に肌に必要な皮脂はしっかりと残してくれます。そして、更に潤いを高めるため、ヒアルロン酸も配合しています。

 

その5:生クリームのような濃厚な泡立ち

ラウリン酸が含まれることで、まるで生クリームを泡立てたような濃厚な泡を作りだすことができます。この泡で洗顔することにより、肌を擦ることなくやさしく包み込むように洗えます。この5つがVOC マイルドソープの人気の秘密です。

 

公式ページはこちら詳細ページはこちら

 

2位 どろあわわ

 

どろあわわは、ユーザーリピート率98%を誇るパウチタイプの石鹸で、発売以来668万個以上を売り上げた人気商品です。この石鹸の特徴は、

 

@美容業界初の豆乳発酵液を配合している、A2種類の泥のパワーで洗浄、B濃密な泡のクッションが肌を守りながら洗う、という3つがあります。

 

@美容業界初の豆乳発酵液を配合している

豆乳に含まれる美容成分のイソフラボンを、より濃縮して肌になじみやすくするため、メーカーでは美容業界初となる豆乳発酵液を配合しました。大豆イソフラボンを乳酸菌で発酵させることで、分子をより微細にして肌への浸透力を高めました。更に、高い保湿効果を持つコラーゲン・ヒアルロン酸・黒砂糖エキスも豊富に配合しています。

 

A2種類の泥のパワーで洗浄

A沖縄産マリンシルトと国産ベントナイトの2種類の泥を配合しています。マリンシルトは、超微粒子なため毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着させます。また海の恵みであるミネラルを豊富に含むほか、マイナスイオンを帯びているので高い吸着力を持っています。ベントナイトは、数億年前の火山灰由来の泥で、汚れや頑固な角栓、余分な皮脂を落とす働きがあります。

 

B濃密な泡のクッションが肌を守りながら洗う

B洗顔は泡で洗うのが良いですが、その泡もすぐにへたってしまうものでは意味がありません。この石鹸の泡はとても濃密でクッションのように弾力のある泡です。そのため、10円玉をのせても沈まず、また手を逆さにしても落ちることがありません。

 

この弾力と吸着力が肌をやさしくいたわりながら汚れを効果的に落としていきます。実際のこの石鹸を使用した方の9割以上が、濃密クッション泡に満足していると答えています。

 

公式ページはこちら詳細ページはこちら

 

3位 よかせっけん

 

よかせっけんは、驚きの吸着力を持つ濃密泡が特徴のジャータイプの石鹸で、潤いを保ちながら毛穴までスッキリと洗い上げます。

 

潤いながら毛穴すっきりに洗い上げる理由は4つあります

 

理由1:超微細火山灰シラスパウダー配合

火山灰シラスとは、約2万5千年前の大噴火で作られた火山灰で、地中から噴火したマグマによって長い時間をかけて不純物が取り除かれ、豊富なミネラルだけが残されたものです。それをメーカーの独自技術で、毛穴よりも小さな超微粒子のパウダーにして石鹸に配合しました。これにより毛穴の奥の隅々まで入り込んで汚れを落とし、古い角質も吸着します。

 

理由2:キメ細かく弾力のある濃密泡

人差し指に乗る程度の量で、何倍もの量の泡を作りだすことができます。またその泡には弾力があり、吸いつくような吸着力があります。そのため肌に負担をかけずにまんべんなく洗うことができます。

 

理由3:美容成分が60%以上も配合

洗顔用せっけんでありながら、素材全体の60%以上が美容成分でできています。一般的な石鹸は、洗浄成分が99%で美容成分はわずか1%程度です。このため、洗顔後に肌がつっぱったり乾燥したりするのです。

 

この石鹸には、コラーゲンエキス・アロエエキス・ローヤルゼリーエキス・緑茶エキス・ウーロン茶エキス・黒砂糖など天然由来の美容成分と保湿成分が豊富に含まれています。

 

理由4:医薬部外品で肌トラブルも予防

この石鹸には、甘草由来の有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムも含まれているため、皮膚を効果的に洗浄してニキビなどの肌トラブルを予防します。この石鹸を購入すると、水素を発生させる専用泡立てネットも付いてくるのでお得です。

 

公式ページはこちら詳細ページはこちら

人気の洗顔石鹸の保湿効果を得るスキンケア方法

人によって肌質は全く異なりますので、市販されている洗顔料や洗顔石鹸をただ使用しているだけでは肌質にあっていないスキンケア方法を行っている可能性が高く、肌質のコンディションを自分自身で崩してしまっている可能性が高くなります。

 

その為最近は自分の肌質を把握してから洗顔方法やスキンケアのやり方などを見直し、使用する美容化粧品などをしっかり決める方法をとる女性が増えてきているのです。従来のスキンケアで特に人気が高かったのが洗浄力が高い洗顔フォームなどのクリームタイプの洗顔製品です。

 

 

洗顔フォームなどのクリームタイプの洗顔製品などによる洗顔

洗顔石鹸人気ランキング【2017年】洗顔石鹸マニアがおすすめするNO.1

洗顔石鹸に比べて泡立てネットがなくても簡単に泡立てることが出来ますし、テカりやすい肌や毛穴の汚れなども簡単に落とすことが出来たり、最近ではメイク汚れも落とすことが出来る洗顔フォームも販売されていますのでW洗顔を行う必要がないとして、時短ケアで顔を綺麗にしたい方に人気になっているのです。

 

さらに脂性肌など肌がテカりやすいと感じている方の多くは、過剰に分泌される皮脂を綺麗に落とそうと洗浄力の高い洗顔フォームを利用したり、クレンジングオイルなどを活用する場合が増えています。

 

ただ自分の肌のテカリやすさは充分に肌を保湿することが出来ていないことにより、肌が乾燥してしまっている可能性が高いと言われています。

 

特に先ファンフォームには界面活性剤と呼ばれる洗浄力高い成分が配合されているので、肌を保湿してくれるバリア機能などもこの洗顔フォームでこまめに洗顔してしまうと、肌を守っている角質なども剥がしてしまうので肌がより乾燥しやすくなってしまう悪循環になってしまうのです。

 

また若い頃肌がテカりやすかった方が大人になっても同じ洗顔料を使い続けるのも肌の乾燥を進行させてしまう原因の一つです。若い頃はホルモンバランスの関係で皮脂が過剰に分泌される特徴があるので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

そのため、薬用タイプの洗顔料などを利用したり、アクネ菌などを殺菌してくれるスキンケアローションなどを利用して肌を清潔にすることが必要となりますが、年齢を重ねるとある程度ホルモンバランスは落ち着き、肌の潤いが不足しがちになってくるので洗浄力が高い洗顔フォームを利用するよりも保湿効果の高い洗顔石鹸の利用が多くの女性に見直されているのです。

 

今注目されている洗顔石鹸

洗顔石鹸人気ランキング【2017年】洗顔石鹸マニアがおすすめするNO.1

洗顔に適している石鹸には様々なメーカーから販売されている製品がありますので、今まで使用してこなかった方などはどの製品を利用すれば良いのかわからないという方も少なくありません。

 

石鹸には余計な添加物などを配合していない無添加石鹸のタイプから、オーガニック材料をベースに作られている肌に優しいオーガニックタイプの石鹸があります。特にアルガンオイルなどの自然由来の保湿効果が高い美容成分が配合されている石鹸は顔に限らず、ボディケアやヘアケアにも使用することが出来るとして購入する女性が増えてきています。

 

また石鹸は一つあたり120〜360円程度で販売されている製品が多いので、様々な保湿成分が配合されている石鹸を複数購入して利用すれば香りや美容成分など自分の好きな気分で使い分けることが出来るのも若い女性に石鹸が見直されている理由の一つになっています。

 

ただ大きめの石鹸を一人で使い切るには時間もかかってしまう恐れがありますので、長期間使い続けると石鹸が劣化してしまい泡立ちが悪くなってしまう恐れもありますので、一人暮らしの女性などは事前に石鹸を小さくカットして少しずつ使用するようにすると、常に泡立ちが良く綺麗に洗うことが出来るのでお薦めです。

 

石鹸で洗顔するときの注意点

自宅で行える洗顔ケアとして石鹸を利用する場合に注意しなくてはいけないのは、指でゴシゴシ顔を擦らないようにすることです。毛穴に汚れが詰まってしまっている場合や肌のテカリが気になる時は特に汚れをしっかり落としたいという気持ちから力を込めてお手入れをしてしまいがちですが、これは肌にかなりの負担をかけてしまう原因となります。

 

それに皮膚のたるみや目元の小じわがつく原因になりますので、まず顔全体のホコリなどを落とすためにぬるま湯で顔を優しくすすいでから泡立てネットを利用して石鹸をよく泡立てて顔全体を包むようにして洗います。

 

バスタイムなどスキンケアにじっくり時間をおくことが出来る場合は湯船で体全体をよく温めておいてから、石鹸で作った泡を顔全体に乗せて泡パックを行います。この時泡がたれないようにしたり、瞳に泡が入らないように気をつけて数分そのまま放置するだけで、肌を擦らずに汚れが浮き上がるので毛穴に汚れが詰まっている時などに泡パックを行うようにするとより綺麗な肌を手に入れることができます。

 

ただ石鹸による洗顔だけでは肌表面に蓄積しやすい古い角質や毛穴に詰まって固くなってしまった角栓などは綺麗に落とすことが出来ない可能性がありますので、そのような場合には酵素成分が配合されている洗顔料や石鹸を利用することをおすすめします。酵素成分にはタンパク質を溶かしてくれる特徴がありますので普段のお手入れに取り入れるだけで簡単に肌に透明感を与えることが出来ます。

 

ただ酵素洗顔は肌に透明感を与えてくれる反面、肌質によっては頻繁に使用すると負担を与えてしまう恐れがありますので一週間〜二週間に一度のペースでお手入れすることにより毛穴に汚れが溜まりにくくなりくすみのない状態を維持することが出来るようになります。

 

どのような洗顔ケアを行った後はきちんと不足している潤いを補う保湿ケアが必要となりますので、肌質にあった化粧水や乳液、保湿クリームを順番通りに利用してお手入れを完了させることが大切です。

 

全部の美容成分が含まれているオールインワン商品などもありますが、時短ケアをしたい朝などには便利ですが保湿成分がしっかり肌内部に浸透していかない可能性があります。

 

そのため、夜のお手入れに使用するのは避けて化粧水を含んだコットンを顔全体に貼り付けるコットンパックやフェイシャルマスクなどを利用して潤いを補給するなど、保湿ケアを念入りに行うようにすると年齢を重ねても若々しい肌を維持することが出来ます。